この曲、CMなどでお聴きになったことはありませんか?

ヤマハでは、音楽のさまざまな楽しみ方を学びながら、
感性や音感を育てていきます。

ドレミでうたうのも、そのひとつ。

ピアノなどの楽器を習う教室では、楽譜を読んで弾く「よむ→ひく」が一般的。

一方、ヤマハは「きく→うたう→ひく→よむ→つくる」。

お子さまの発達に合わせたレッスンを通し、ただ楽譜通りに演奏するだけでなく、
大人になっても音楽を自由に楽しめる “総合的な音楽力“ を育みます。

音楽を通して自分を表現する体験は、
これからの子どもたちに求められる「生き抜く力」の礎になります。

ヤマハのレッスンには、親子で、お友だちと一緒に、
音楽を楽しみながら「演奏技術」と「豊かな感性」を育むメソッドがあります。

人間の聴覚がもっとも発達するのは、4・5歳のころ。
この時期にたくさんの音楽を聴き、歌い、弾く体験を重ねること、“こころ”と“からだ”で、まるごと音楽に向き合うことで、
音楽のさまざまな表情やニュアンスを聴きわける耳が育まれます。

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

コースの特徴

さまざまな角度からの音楽体験
「きく」「うたう」「ひく」「よむ」「つくる」といったさまざまな角度から、
言葉を覚えるように音楽に親しみます。
“こころ”と“からだ”の発達段階に合わせたプログラム
4・5歳は音楽的な聴感覚の発達が著しい時期。
聴いた曲をくり返しドレミで歌ったり弾いたりすることで、音楽的な耳を育てます。
お友だちと一緒だから楽しい
音楽の楽しさをお友だちと共有できるのはグループレッスンならでは。
刺激し合うことで自主性や意欲を引きだし、協調性や社会性も育ちます。
親子一緒だからもっと学べる
保護者の方が一緒にいてくださることが、お子さまの安心感や積極性を引き出します。
家庭での音楽環境づくりにもつながります。

レッスンの内容

ステップ1 きく

先生の演奏やCDで曲を聴き、「歌いたい」「弾いてみたい」という気持ちを喚起します。
それと同時に「音楽をかたち作るさまざまな要素全体(音楽をまるごと)を聴きとれる耳」を養っていきます。

ステップ2 うたう

歌詞やドレミで歌い、曲の表情やニュアンスを表現します。
先生が歌ったり弾いたりするメロディーを聴き、それをまねして歌うことで、音楽を確実に把握していきます。

ステップ3 ひく

片手ずつからはじめ、両手で1曲弾けるようにしていきます。
また、弾くことを通して、ソルフェージュ力やハーモニー感、人と合わせる感覚、かんたんな伴奏付けなど、総合的な音楽力も身につけていきます。

ステップ4 よむ

弾いた曲の楽譜をドレミで歌いながら指で追ったり、そのメロディーをマグネットで五線上においたりします。
「聴いて歌って弾いたものを、最後に楽譜で確認していく」ことによって、少しずつ楽譜に対する興味づけをおこなっていきます。

コース概要

対象   :4歳(年中)、5歳(年長)<2021年度クラス>2015.4.2~2017.4.1 生まれ

期間    :2年

レッスン形態:グループレッスン(1クラス6名程度)
※レッスンは保護者の方とご一緒です

レッスン回数:年40回

レッスン時間:1回60分
※教室の入れ替え時間を含みます

開講月   :5月

レッスン料金:8,800円(税込・月額)
※施設費込み
※教材費が別途必要となります

入会金:5,000円(税抜)

体験レッスンの日程
3/27(土)11:40〜 60分
4/10(土)11:40〜 60分
4/24(土)11:40〜 60分

カノン音楽学院が選ばれる理由

ピアノ教室

◆理由1◆ 
創業37年!圧倒的なレッスン実績

カノン音楽学院は相模原市南区松ヶ枝町で、ピアノ教室、エレクトーン教室として1983年に創業以来30年以上、地域のみなさまに愛されながら、共に育ってきました。設立当時、幼児の頃に通ってくれた生徒さんが今では親になっています。今はそのお子さんが、さらにはお孫さんまで、親子三代に渡って通ってくれています。

◆理由3◆
発表会など楽しいイベントも開催!

カノン音楽学院では、ホールでの発表会の他、地域の音楽イベントにも積極的に参加しています。子どもたちにとっても大きな晴れの舞台となり、自信を育む場となっています。またクリスマス会などの音楽教室でのイベントを通して、他の生徒さんや保護者との交流の機会を設けています。音楽を通して、子どもたちの心を育むと共に、地域のつながりの場としての音楽教室でありたいと願っています。

◆理由3◆
 カノンの生徒は8割が口コミによる来院!

カノンに来られる方の8割は口コミを聞いて来られます。口コミが生まれる秘密はカノン音楽学院のアットホームさです。私たちの音楽教室では、生徒さんがレッスンしている間、一緒に来ているご兄弟も楽しく過ごせる環境をお作りしていて、いつも子どもたちで賑わっています。保護者の方も安心してレッスンに付き添うことができます。

音楽教室

◆理由5◆
 駅から徒歩4分!無料駐車場も4台完備!

カノン音楽学院は、相模原市南区松ヶ枝町にあります。小田急相模原駅から徒歩4分と非常に好立地なところにあります。また無料駐車場も4台完備していますので、車での送り迎えにも便利です。松ヶ枝町の他、相模台、南台、相南、相模大野、御園、相模が丘などからも通われている方が多いです。

A.幼児科では、レッスンで体験したことをくり返す「復習」を中心とした宿題があります。体験したこと(=できること)をくり返すことは、子どもたちにとって自信となり、次のレッスンや練習への意欲につながります。「予習しないと付いていけない」と心配される保護者の方もいらっしゃいますが、幼児科のレッスンではその場ですぐにできることよりも、はじめてその音楽に出会った感動を大切にしています。ぜひこの時期は、予習よりも復習をお願いします。

A.幼児科は5月に開講するコースですが、開講後の入会を希望されるお子さまへ「幼児科編入用レッスン」をご用意しています。個人レッスンを通して「きく・うたう・ひく」を中心に学び、編入先の幼児科クラスの進度に追いついた時点で、編入していただけます。「幼児科編入用レッスン」は、会場によって展開していない場合もございます。

A.年長からもご入会いただけます。幼児科は2年間のカリキュラムですので、年長からレッスンを開始した場合も、2年間ご受講いただきます。

A.幼児科のレッスンは音感教育を中心に行っています。ヤマハ音楽教室が大事にしている「音感」とは、音の高さや音程が分かることだけではなく、調や拍子、リズム、ハーモニー、強弱など音楽の表情まで聞き分けられる耳の力です。4,5歳児を対象にした幼児科のレッスンでは、聴いた音を歌い、歌い覚えた音を弾くというプロセスを通して、音感を無理なく自然に身につけていきます。ヤマハ音楽教室で学ぶと、聴こえた音楽を楽譜がなくてもその通りに鍵盤で真似して弾けるようになります。

A.幼児科では「楽譜に親しむこと」を優先に考えています。幼児科のレッスンは、聴いて歌って弾いたものを、最後に楽譜で確認することを基本としています。ただの記号として音符を読むのではなく、音読みや音符を指で追いながら、音楽と楽譜と一致させることを通して、楽しく「読む(見る)」ことへの興味付けをおこないます。楽譜が読めるようになるまでに少し時間はかかりますが、読譜力は着実に身についていきます。児童期に入ると、だんだん音と音符の関係を理解し、「自分で読んでみよう」という意思が芽生えてきます。